9月&10月歌舞伎

嬉しいことに、最近、
歌舞伎を観る機会に恵まれています。
備忘録的に記録を残しておきたいと思います。
9月に観た演目

通し狂言「伽羅先代萩」

坂東玉三郎演じる政岡の
芯のある強い女性っぷりに惹かれました。
美しい。美しすぎる。

茶道具をつかって食事をつくるシーンがあるのですが、
自分が茶道を習っているので
お道具の扱いに見入ってしまいました。
素敵でした!

10月に観た演目

「壇ノ浦兜軍記」
坂東玉三郎演じる遊女阿古屋が付けている
孔雀の刺繍があしらわれた帯が素晴らしい。
パンチがあってゴージャス!

金色のようなクリーム色のような打ちかけには、
牡丹?石楠花?の上に蝶が舞っている刺繍で
こちらも豪華絢爛。

阿古屋がお琴、三味線、胡弓を演奏するシーンがあり、
和楽器のしっとりとした音色を楽しむことが出来ます。

また、艶やかで美しい阿古屋にため息が出ます。


「梅雨小袖昔八丈」
左団次演じる家主長兵衛と
松緑演じる髪結新三の掛け合いが面白かったな。


ブログランキングの応援お願いします!
Thank your for clicking below Blog Ranking buttons!


にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ  
reaction:

Translate